学校につけるカラコンで気をつけたいこと、目が痛くならない為のことなど知っておこう!

【学校カラコン】目が痛くならない為のはじめてのカラコンについて

学校へカラコンをつけた〜い!!

可愛らしくカラコンを付けている世間の女の子がよく涙を流す理由・・・、
カラコン装着している際、目が痛くなる!
とよく耳にします。


カラコンは今や誰でも手軽に購入できて、お友達につけ方を聞けばすぐ簡単につけることができますよね。



ただ、体の中で一番デリケートな目ですので、大事にしたいところ!
やはり知識がなくつけるのは、危険なのです。

はじめてカラコンをつけるのに不安な方にも、
必ずカラコンを購入する前には眼科へ行きましょう。
そこでご自分に合うコンタクトを先生に教えてもらう事が大事です。



可愛らしいカラコンのファッションを楽しむのは、それからにしましょう!

最近ではかなりの種類のカラコンが発売されていますね。
しかし良品もあれば、あまりよろしくない危険なものも多く出回っているのも確かです。

たとえば激安のドンキにも売っていますが、カラパラは綿棒で擦っただけで色素が出てきてしまい目に付着するなどの粗悪品が出回っています。
(ドンキの販売しているカラコンすべてではありません。良品も取り揃っています。)



厚生労働省の承認をうけてる製品は安心して使用できます。

カラコンで最近ではサンドイッチ製法(当サイトの基礎知識に説明)が一番安全といわれています。

初めての学校へつけるカラコンは1dayがおすすめです。
衛生的ですし、洗浄の手間も要りません。

カラコンには使用期限があります。

使用期限を守って使用しましょう。



初心者のカラコンを使用する頻度のコツ

初回は3時間ぐらい使用してみます。
それから日を重ねて、1時間ずつ使用時間を増やしていきます。
そして最長、カラコンの一日の使用時間は8時間までにしましょう。

衛生上の注意

水道水につけたカラコンは使わないこと。
1day以外のカラコンは、洗浄、保存を念入りにしましょう。

カラコンの洗浄は専用洗浄液で!

大切な「目」ですので、知識を守って学校カラコン生活を楽しみましょう。