カラコンの含水率とは?

カラコンの含水率とは?

自分には含水率が高いほうがよいのか低いほうがよいのかを理解するのが重要

 

 

■カラコンレンズでは含水率が高いほど素材自体の酸素透過性が高くなるので、角膜への負担は小さくなります。
しかし含水率が高くなるほどコンタクトレンズが汚れやすく、乾燥感も強くなる傾向があります。ソフトコンタクトレンズでは含水率とコンタクトレンズの厚みのバランスが重要になります。

 

■含水率が高いほど、みずみずしいイメージがありますが、水分が多く含まれるのはコンタクトレンズであって、眼ではありません。
含水率が高かいと眼になじみやすいですが、水を吸収しやすいので、涙を吸収してしまい、眼が乾きやすくなります。