カラコンの医療機器承認番号について

カラコンの医療機器承認番号について知っておきましょう!

女子たちに人気のアクセサリーはカラーコンタクトレンズ、略して通称 『カラコン』!



おしゃれでかわいいカラコンに、以前にはなかった度ありものが販売され、目が悪い人でも気軽に挑戦することができるようになりました。

女性なら、少しでも目を大きく見せたいと思うもの。
カラコンは、そんな願いを叶えてくれて、いつもと違った自分になれる魔法のアイテムでもあります。

現在カラコンは、厚生労働省から 「高度管理医療機器」 として薬事法の規制の対象となっています。



以前は、「雑品」として取り扱われていた「おしゃれカラコン」でした。
そのカラコン愛好者の間で深刻な目のトラブルが多発しました。
そして、2009年2月に「おしゃれカラコン」も 「高度管理医療機器」 として国が認める薬事法の規制対象になりました。

カラーコンタクトレンズの輸入、販売等には 「薬事法規制」 がかかっています。

副作用・機能障害を生じた場合、人の生命・健康に重大な影響を与える恐れがあるとされる医療機器は「高度管理医療機器」に分類されています。
コンタクトレンズは、この 「高度管理医療機器」 にあたります。

これにより、カラコンの販売には厚労省の承認が必要になりました。

人体へのリスクが極めて低い 「一般医療機器」 。
比較的低い 「管理医療機器」 。

コンタクトレンズ、カラコンにおける、失明や角膜の傷など眼の障害などは大変危険度が高いことになります。
十分に気を付けた取り扱いが必要になります。


その安全ですか?「医療機器承認番号」を再チェックしてみましょう!

厚労省からの承認を得ている場合は、必ず 「医療機器承認番号」 がついています。

最近は、雑貨店や処方箋なしでも手軽にインターネットで買うことが出来るため、安全なもの、自分に合っているかどうかを確認するのもついつい忘れがちに。

商品ページだけでなく、カラコンのパッケージなどにも記載されていますので、お手持ちのカラコンのパッケージを一度確認してみましょう。



今はあまり出回らなくなりましたが、粗悪品は耐久性などに難があり、一歩間違えると目に怪我をしてしまう場合もあります。
カラコンは直接眼に乗せて使用するものです。



粗悪品を使用した場合は、失明など一生後悔する眼障害に悩まされてしまう可能性もあります。

医療機器承認番号とは?(高度医療機器承認番号)

しっかりチェックしたい 「医療機器承認番号」 の有無。
この番号があれば、厳しい審査・承認を受けている証となり、安全です。

医療機器として厳しい基準を満たした製品であることを証明する 「医療機器承認番号」

「医療機器承認番号」 は16桁の英数字で構成されています。



一番初めの数字が「1」の場合は昭和ですが、カラコンの場合はほとんどが、平成を表す「2」にになります。
一連番号とは、その年に承認されたものを順に振った番号のことです。
「BZX」のほかに、「BZG」などがあります。
「BZG」は外国製造承認を表します。

医療機器承認番号は、安全基準を満たしたレンズのパッケージに明記されています。
購入の際、この医療機器承認番号が付与されている商品であれば、まず眼への負担は少ないと考えて問題がありません。

インターネットでの購入は慎重に!

通販などで販売しているカラコンの場合、医療機器承認番号がないものも多く、注意が必要となっています。



つい、激安なカラコンを探してしまいがちですが、粗悪品に行き当たることもあるかも知れません。
どんなに可愛く見えても、視力低下や失明を招いたら後悔することにもなります。
購入はもちろん、使用方法も慎重に行いましょう。


カラコンの大きさも視野に?!

カラコンが14mm以上のサイズは目の負担が大きくなり、角膜を傷付けるリスクが増大します。

量販店やドラッグストアで売っている一般的な商品は大きいサイズばかりになっています。

被害を防ぐためには自分の眼球に合ったカラコンを選ぶことが大事です。
当サイトで案内させていただいてますカラコンは安全・安心な高度管理医療機器の承認されたものです!

そして、学校に最適な大きさをメインに、14.0mmのサイズをおすすめしています!

安心してご覧ください!